12月22日、本日は冬至です。

冬至とは「日短きこと至〔きわま〕る」という意味だそうです。
日短きこと至るとは、一年で一番太陽が出ている時間が短い日・・・つまり、この日は一年で最も夜である時間が長いということになります。
昔の人々は「生命の終わる時期」=「死に一番近い日」だと考えていたそうです。
今でもその厄を払う為、ゆず湯に入ったり、かぼちゃやお汁粉を食べて体を温め無病息災を願う風習が続いています。

学生だった若い頃は、昔からの風習には全く興味が無く「他人事だわ。」と思っていましたが
社会人として大人になったら、そんな昔の風習が「ちょっとしたイベントで可愛いな。」と思える今日この頃です。
日本独自の伝統を守っていくのは、沢山の人の諦めない努力が必要ですよね。
時代を乗り越えて、変わらないでいて欲しいです。

シニア経理財務の看板を背負って、頑張って下さっているスタッフの皆様!
今年はちょくちょく冬将軍がやってきて、寒い冬です。
ゆっくり温まって、ご自愛下さい。