シニア人材の経理・財務のお仕事なら株式会社 シニア経理財務にお任せください。

役員の紹介

代表取締役会長のご挨拶

greeting_photoアイ・グループの経営理念は「感謝と貢献」<全従業員の物心両面の幸福と人類社会の進歩発展に貢献する>を掲げておりますので「株式会社シニア経理財務」設立主旨も経営理念に基づき3つと考えております。

  • 日本を支えている中小企業社長を経理財務面から補佐をする。
  • シニアのブライトキャリアを活かす仕事を創造する。
  • シニアの皆さんに仕事を通して「豊かな人生」を感じてもらう。

定年に達した人を引き続き雇用をする「継続雇用制度」の対象者を労使交渉協定で限定することが2013年4月から廃止になり、老齢年金支給も65歳以上にもなりました。
同時に少子高齢化の為に労働人口の減少は急速に広まってきておりますのでシニアの方々に現役として働かなければならない環境下に現在の日本はありますが「働きたくても仕事がない」「人材は必要ですが60歳はね?」と現実はシニアに対して厳しいのが残念ですが現実ですね。働きたいブライトキャリアのシニアは沢山おります。働いて頂かないと日本の損失です。シニアの起業家が増えています。嬉しいですね。
経理、財務に特化して経験豊かなシニアの職場を創造したいと思いますのは高年齢であるマイナス面が少なく、経営者を補佐する立場として経理財務以外に「豊かな人生経験」を活かせるのが主たる理由です。
シニアの就労に関して大事なことは「就労の動機、目的」をお互いに正確に確認、理解をすることではないでしょうか、年金を貰うまで働く方、自分の経験や能力を生かし社会に貢献したい方、現状に満足せず自分を更に向上させたい方、呆け防止と健康の為に働きたい方などなど目的はそれぞれ異なりますが私たちは一人一人の経験、目的を理解して求職者と一緒に雇用創出をしながら「シニアのキャリアをつなぐ」の心意気を忘れずに素晴らしい日本を次世代につなげてまいりたいと強く感じております。

代表取締役社長のご挨拶

01_cmyk3501967年に三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)に入行、以来退職後も数社の管理部門を経験して勤続50年になりました。
私は団塊の世代の真っ只中です(1948年生)。周りを見ても元気な方達が何と多いことか。
仕事に関して経験・実績・人脈もある60歳以上の元気に働くことで社会参加したいシニアの皆様と実務経験豊かな人材を、低コストで確保したいと考えている企業様との「ベストマッチング」を目指しております。
この「ベストマッチング」で少しでも日本の生産人口に寄与することが社会貢献であると考えます。

役員の紹介

代表取締役会長

古田 良三
1943年北海道余市市に生まれ、73歳
同志社大学卒業後、株式会社西友(現在ウォルマートの子会社)に入社。
店舗、販売部、商品部、関連会社役員を約20年間経験する。
1989年(平成元年)株式会社スタッフアイを設立。
盛和塾の塾生として経営の師稲盛和夫氏の経営哲学を実践している日々である。
現在関連会社含9社の社是「感謝と貢献」<全従業員の物心両面の幸福と人類社会の進歩発展に貢献をする>の理念を基に経営をしている。これからは自分の年齢のこともありシニアの方々の職場創造、開拓に力を入れ、輝かしい日本を次世代につなげていきたく考えております。

代表取締役社長

富澤 一利
1948年埼玉県児玉郡上里町出身、69歳。
小学校6年生の時に、父親を交通事故で亡くし、中学1年生で、朝4時から新聞配達を始め家計を助ける。
1967年埼玉県深谷商業高校卒業後、三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)渋谷支店に入行。
2年目より、青山学院大学経済学部第二部に入学、毎日の銀行業務を終え
18時半から21時半まで勉学にいそしみ、同大学を4年で卒業する。
三和銀行において、尾山台、馬喰町、堀留、名古屋駅前、赤坂、深川の各支店
及び東京営業本部第二部で一貫して営業部門を担当する。
2003年8月、「アグネスホテルアンドアパートメンツ東京」入社、
取締役支配人として経理・財務・人事・営業を統括する。
2008年4月、同社を60歳で定年退職後、翌5月にマンションデベロッパー「田園都市㈱」入社。
経営推進本部推進役としてグループ会社含めた経理・財務を統括する。
2013年4月、同社を65歳で定年退職後、株式会社シニア経理財務を立ち上げ現在に至る。

 

 

 

PAGETOP
Copyright © 株式会社シニア経理財務 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.